ポッティング加工・樹脂盛りの制作・製造

ポッティング加工・樹脂盛りシールのことなら

ポッティング加工

ポッティング加工

 

■ポッティング加工とは■
(樹脂盛り・ドームシール)シールラベルにポリウレタン樹脂を塗布することで、通常のシールにはない高級感を出すことができる技術です。ウレタン樹脂をシールラベルに塗布し表面張力により端で止まります。12時間乾燥すると透明な艶と盛り上がりによる美しい仕上がりになります。弊社のポッティングはテーブルトップ型ロボットを使用しています。機械制御によりポッティング加工はすべて同じ流量で塗布しています。樹脂盛りの厚み、品質は個体差ができるだけでないよう製造しています。
※樹脂の厚み2mm前後。小ロットから大量ロットまで対応できる機能を持ち合わせております。

ROGO2-300x300
■こだわり■
印刷は大判インクジェットプリンターでフルカラー高画質印刷。形状もカッティングプロッタにより、金型不要で製作可能!小ロットからコストをかけずに製作することができます。(印刷物をご支給いただいても可能です。)すべて検品をしてから出荷。(小さいゴミ、小さい気泡も不良としています) その他、オフセット印刷ラベルでのポッティングも可能です。 ※カストリ要必要
dbff0ee0a14ed0c4237f6b9c67fc1b07-300x300
■総合■
印刷→カッティング→ポッティング加工を同一フロアで行っているため、短納期で納品することができます。※最短翌日発送可能!★ポッティング加工生産能力★
例:Φ19mm  20,000個/日(最大)30x30mm 7,000個/日(最大) ◆最小樹脂サイズ◆ 10x10mm ◆最大樹脂サイズ◆ 200x200mm
形や大きさ、デザインについてもご相談を承っております。 ノベルティグッズ、自社製品のエンブレム、表面保護として。 ポッティング加工(樹脂盛り・ドームシール)のご使用方法はいろいろとあります。ポッティングQ&Aはこちらへ

ad7b3c2c378ee2c7bc74483235c1182d-300x300
■ポッティング加工動画■
■ポッティング加工(樹脂盛・ドームシール)までの工程■
■印刷■

水性インクジェットプリンタ、溶剤インクジェットプリンタ、UVインクジェットプリンタをラインナップ! PANTONE,DICカラーでご指定いただいた色にもできるだけ近似色でご提供します。

粒状感が少ないため人肌やグラデーションを綺麗に印刷。
※メディアはPET又は塩ビフィルムを使用しています。

インクジェットプリンター
■抜き加工■

大型カッティングプロッタを使用。金型不要! パソコンから線画データを送るだけで1個ずつ丁寧にカットしていきます。金型不要のため小ロットからもお気軽に制作することができます。

カッティングプロッタ
■乾燥■

ポッティング加工後は乾燥機に!乾燥前のウレタン樹脂は湿度、温度の影響を受けやすい特性があります。12時間乾燥後、光沢のある樹脂シールができあがります。

乾燥器
ポッティングQ&Aはこちらへ

 

« »

コメントを残す