樹脂ポッティング加工についての知識

今回は弊社に寄せられるポッティング加工に関してのご質問をまとめてQ&A形式にしてみました。

~CONTENTS~

加工可能な素材と形状、サイズはどこまで可能?

・素材

弊社では基本的に【塩ビ】【PET】などのフィルム系のシールラベルを製品や使用用途の環境に合わせて使い分けております。その他に金属やアクリルにも塗布は可能です。しかし紙などの樹脂が染み込んでしまう材質は塗布が出来ません。

・形状

形状についてはポッティング加工は樹脂の表面張力であの綺麗なドームができますので、角Rがある丸みの帯びた形状を得意とします。鋭角部分がある形状は表面張力が効かず、樹脂が漏れてしまうので上手く加工出来ません。

・サイズ

最小サイズは8mm×8mm、Φ8mm、最大サイズは200mm×200mmが弊社のご対応させて頂くサイズです。様々なサイズ&形状が製作が出来ます。

ポッティングシールで様々な形状
様々なサイズ・形状

透明やゴールド、シルバーは製作できる?

透明シールラベルにポッティング加工することで、下地の透ける仕様となります。

ゴールド&シルバーは樹脂と相性の良いゴールドメディアシートやシルバーメディアシート上に印刷することで、ゴールドやシルバーのポッティングシールが製作可能となります。

ポッティング・透明・ゴールド
透明・シルバーヘアライン・ゴールドの下地

樹脂の乾燥時間はどれぐらい?

プロモの樹脂はウレタン樹脂で、完全乾燥には温度25℃の環境で12時間かかります。湿度も乾燥するまで40%以下です。基本、温度・湿度は乾燥するまで一定にします。弊社ではポッティングシールを高品質に仕上げる為に乾燥設備を取り揃えております。

樹脂によっては早く乾燥するものもあれば時間のかかる樹脂もあります。40~60℃程度の温度の設定で乾燥機にいれることで2~4時間程度で乾燥させることもできます。

※更に温度を高くすれば乾燥時間は縮めることはできますが急激な化学反応により硬化中に反りだしたりする恐れがあります。

ポッティングの乾燥設備
プロモの乾燥設備!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする