プロモのポッティングの歴史

プロモのポッティングの歴史

History

会社設立当初は自社制作シールラベルを業者に送りポッティング加工をお願いしていました。シールラベルに塗布をするポッティング加工は昔からある技術ですが現在もポッティングを行う会社は多くいません。少ないにもかかわらず機械も違えばウレタン樹脂もみな違う。手混ぜの手作業の方もいれば、半自動、全自動の方もいる。ディスペンサーメーカーは数多くいますがポッティングシールを専門とするメーカーがほぼ存在しませんでした。検索すれども機械メーカー、樹脂メーカーも別々で、ポッティング加工の方法も詳細のないニッチな市場でした。それならばプロモがポッティング市場におけるスタンダードになろうと思いポッティング事業がスタートしました。古くからおこなわれている業者に比べるとプロモは新規参入をした会社になりますが、品質の向上意志を高く持ち、ポッティングの新たな可能性を追及し続けています。

ポッティングの始まりは手混ぜから

ポッティング(ドーミング)の始まりは手混ぜから

まずは国内ウレタン樹脂メーカーを手あたり次第ポッティング用の樹脂があるか調べ始める。そのすべての会社の樹脂を手混ぜで混ぜ合わせながら一番いいと思われる樹脂を探すことから始まる。※粘度、透明度、乾燥時間等
手混ぜで行うシステムとしては図のようなイメージで始めました。2液の樹脂を手混ぜで混ぜ合わせてから真空引きをして気泡を取り除き小型のディスペンサーにカートリッジを取り付けて塗布。手混ぜによる手動では2液の混ぜ方が安定せず透明度が悪く、塗布量にばらつきがでました。また硬化が始まるので時間との戦いが始まり樹脂が残ったりこぼれ落ちたりと床が樹脂でベタベタになり大変でした。

ポッティング半自動機から全自動機へ

ポッティング加工からポッティングマシンの販売まで対応

次のステップとしてポッティングの半自動化に着手、2液を別々のタンクで真空脱泡をしギアポンプにより定量の送り出しを可能。2液の混ぜ合わせにはダイナミックミキサーにより安定した撹拌。ミキサーは2液を混ぜ合わせるために最適な羽の数、長さを研究の末、作り上げました。ミキサーから先は長めのチューブを伸ばし定量塗布をプログラムで制御しフットペダルで吐出しのオンオフができる半自動化に成功。その後XY制御ロボットを使用した全自動化に至る。全自動化においては特別なプログラミング言語が必要なため複雑な形状は難しくなる。

高精度のポッティングマシンPro1-4020へ

高精度のポッティングマシンPro1-4020へ

ポッティングマシンPro1-4020は前機種の問題点をすべて改善。プログラム言語を不要とし簡単な数値を入れるだけでプログラムできるようにしました。またメンテナンスにおいてもミキサーを金属からプラスチックにすることで毎日の清掃をなくし使い捨てにすることで作業時間の短縮、環境の改善ができました。塗布精度、塗布スピードもアップし誰でも簡単に使用できるマシンとなっております。

ポッティングシール制作

ポッティングシール制作

小ロットから短納期で対応

インクジェットプリントによるシールラベル印刷からポッティング加工まで、自社内にて対応しています。小ロットから大量ロットまで短納期での対応が可能です。

ポッティングマシン販売

ポッティングマシン販売

使いやすさと品質にこだわったポッティングマシン

当社のポッティングマシンは簡易清掃と簡易プログラムによる使いやすさを追求した機械となります。


ポッティング・オリジナルグッズのプロモ

プロモのポッティングの歴史